我が家の節分2021

右の鬼のお面は子どもたち作。目がいっぱいついている鬼とのこと。

今年は、長女が節分で鬼役をやりたいと言っていて、最近子どもたちがお面をかぶるのにハマっていたのもあって、スーパーで節分の豆を買うときに、鬼のお面がついているものを買いました。

買ってきた鬼のお面を案の定喜ぶ子どもたち。

なにやら、節分で自分たちが鬼役をする場合のプランを練っていました。

節分当日になり、わたしと旦那さんはそのプランの説明を聞き、子どもたちが考えた節分の鬼退治をすることに。

こちら、そのようすを動画に撮りましたので、ご興味ありましたらご覧くださいませ。

ちなみに、この動画の中で鬼に対して投げているのは、小さな紙切れと豆が入った袋でした。

小さな紙切れには、子どもたちから「自分が退治したい鬼を書いて!」と言われまして、わたしは「ねむけおに(眠気鬼)」とあともう一つ何か書きました(ど忘れしました)。

旦那さんが書いた鬼に対して、わたしが文句言ったりして、ちょっと喧嘩になったりもしましたが、無事、鬼退治イベントは終了しまして、夕飯です。

世の中には、高級で豪華な恵方巻が色々売っていますが、うちは逆に、リーズナブルなちらし寿司を各自海苔で巻いてもらうスタイルで。

昨日の残り物も並ぶ食卓

こちらは次女の恵方巻。

各自、ちらし寿司を適当にとって、海苔の上に乗せ、それを巻いて、南南東の方角を向いて無言で食べました。

小さい恵方巻だったので、なんなく家族全員クリア(しゃべらずに恵方巻を間食すること)。

そんなこんなな節分2021。

コロナが長引く昨今ですが、みんなが健康に笑顔で過ごせますように~。

Scroll to top