黒い雲と三寒四温

仕事終わりの16時過ぎの空

きっと、急に寒くなったからだと思うけど、ここ2日ほど夕方に、ものすごく黒ーい雲が、空に覆い被さっている。

1日目の昨日は、先日の地震のこともあり、なんだか、また地震が来るんじゃないかと心配になったけど

2日目の今日は、きっと、寒気が急に入ってきたから、そのせいで、空にあった水蒸気が急激に冷やされて、黒い雲になったんじゃないか

なんて、少し科学的に黒い雲について考えてみたりしたけど、真偽のほどはわからない。

ふと、「三寒四温」という言葉が思い浮かんだ。大体、わたしは、春が近づいてくると、この言葉が思い浮かぶ。きっと、暖かい日と寒い日が交互に来るからだと思う。

三寒四温と黒い雲に関係はあるのかなと思い「三寒四温 黒い雲」で検索してみたけど、三寒四温を説明するウェブサイトが上位にあって、黒い雲とはあまり関係がなさそうだと思った。

三寒四温のことが書いてあるページの説明を読んでみると

三寒四温とは、元々は日本の天気を表す言葉じゃないことを知る。

日本の春の天気を表すのにも使うようになったそうだけど。

あの黒い雲は、なんなんだろう。

雪雲みたいに見える気もしたけど、雪は降らなかった。

気になる雲である。

Scroll to top