怒りっぽくなる理由

我が家でよくわたしが言う言葉、「怒らない、怒らない!」。

これは、長女にも次女にも言うし、自分自身にも言う。

子どもたちも、わたしも、いったい何に怒っているのだろう、いつも。

たいてい、些細なことなのだけど、怒らずに生きるのも、逆に、人間として無理じゃないかとも思う。

神じゃあるまいし。

ただ、やはり、怒ると周りの雰囲気も悪くなるし、できれば、忍耐強く、怒らずに話せることが、理想ではある。

自然と怒らずに、生きられたら、いいんだろうか。

いや、怒る気持ちとうまく付き合っていくことが大切なのかも知れない。

今日は、長女が水泳テストでバタフライで合格して、我が家はプチお祝いモードだった。

普段買わないコンビニで、スイーツ買ってみたりした。

普段買わないからこその、特別感。

なぜだか知らないけど、この日の夜は、長女が学校であった嫌なことを話してくれた。

嫌なことがあったから、帰ってきた時、長女は次女に対して怒りっぽくなっていたんだなと。

嫌なことはすぐに話してもらいたいけど、長女はそんなタイプではない。

長女のタイプは甘いものを食べたら、嫌なことも話す気になるものなのだろうか。

とにかく、今日は長女が色々正直に話してくれてよかった。

プール合格効果なのか、スイーツ効果なのかわからないけれど、何かの特別感が、彼女をしゃべらせるのに背中を後押ししたのかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ ↑読んだら足あとがわりにクリックしてもらえると励みになります*
小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です