叱咤激励と入眠時のぴくつき

日曜はパンケーキでゆっくり朝ごはん。

小学校4年生の長女と小学校1年生の次女と、まだたまに一緒に寝ています。

それで、最近、気づいたのは、子どもって寝た後に、けっこうピクっとしてること。

調べてみたら、入眠時のぴくつきという症状があるらしく、病気ではなく、生理現象ということなのですが、、最近、特に長女は「水泳選手になる!」という夢に向かって親が見ても心配するくらい頑張っている分、「頑張りすぎなんじゃないか…」と長女の入眠時のぴくつきを感じては、布団の中でドキドキしています。

週末は家族みんなでプールに行って、長女はお父さんの特訓を受け、次女はわたしとプールで遊んでいるのですが、長女のバタフライが次のテストに受からなそう…という話を聞くや否や、わたしがしゃしゃり出てきて長女にアドバイスという名の叱咤激励をする…ということが行われており

実際、わたしの叱咤激励によって、長女のやる気がかなり変わって、バタフライの秒数はかなり早くはなったのですが(もちろん、旦那さんの特訓の成果なのですが)

入眠時のぴくつきを感じては、『今日は、叱咤激励しすぎて、精神的ストレスを感じているのかもしれない…』と、不安に駆られる、母がここに。

どうも熱が入ると叱咤激励してしまい、子どもに変なストレスをかけてしまうのが、わたしの癖というかよくないところなのかもしれないと、思ったり、ある程度、叱咤激励も必要なんじゃないかと思ったり。

子どもの体調を見ながら、うまくやる気を引き出せる母になりたいと、切に思う、今です。

しゃぶしゃぶ夕飯からの一週間献立アプリ

今日の夕飯は野菜モリモリしゃぶしゃぶ〜

土曜夜の夕飯は、わたしが行ってる美容院の近くにあって、行列のできる精肉屋さんで買ったお肉でしゃぶしゃぶでした。

近所のしゃぶしゃぶ食べ放題のレストランに行きたかったけど、感染者が増えてきている今、やはり、おうちご飯がいい気がしまして。

しゃぶしゃぶ食べ放題は、野菜が沢山食べれるからいいよねーと思い、頑張って家でもお店風に野菜をたんまり切ってしゃぶしゃぶです。

結果、お肉も野菜も余った〜

旦那さん、明日もしゃぶしゃぶでいいとか言ってる〜

日曜もしゃぶしゃぶにするかは悩むところです。

2日連続しゃぶしゃぶも、ありやけど。

ところでいつもの髪を切ってくれる美容師さんから、1週間の献立を考えてくれるアプリがあると聞きました。

「献立」で検索したらオレンジ色っぽいアイコンのやつで出てくると思うよ〜というざっくり説明だったけど、探してみたらありました!

とりあえず1週間の献立を提案してもらおうかと家族構成を入力したりして次に進んでいたら

お子さんの「脳と体を作る」献立が、忙しくても、考えなくても、実践できる!という、ベストセラー本を元にした献立を提案してくれるということで、よさげなので、とりあえず、それにしてみました。

そして提案してくれたメニューはこちら。

栄養チェックもしてくれるんですね。

ふむふむふむ。

たぶん、全部この通りにはしないけど、参考にするのはよさそうです!

自分の頭で考えてるとアイディアが固定化してマンネリ化してお料理がつまらなくなってしまうので、たまには外部から、アイディアを吸収して、お料理を楽しんでいけたらと思います!

これからやりたいこと

子どもの作った折り紙の袋をしおりにして読書

毎日ブログを更新していて、なんとなく必要だなと思うのは、目標を持つこと。

何をやるにしても、目標があると、見え方が変わってくるし、ただボーーッと生きたりブログ書いたりしてるよりも、きっといいんだろうなと。

生き甲斐とか、ブログの書き甲斐って、自分の決めた目標から生まれてくるものなのかもしれない。

だから、まずは、今わたしが「やりたいこと」を書き出してみました。

  • シミ取り
  • 鉢の植え替え
  • テレビの横に観葉植物を置く
  • 本や漫画を毎日読む
  • 子どもの学校の行く用意をわたしも頑張る
  • 子どもの勉強や習い事をきちんと見る
  • 料理を楽しむ
  • やりたい仕事に向けてそれに向かって力をつける
  • ブログのトップ画像の変更

レベル感バラバラですが…思いついたことを徒然と。。

次女が小学生になり、わたしの時間の使い方もこれまでと変わるので、なんだか最近、目標の立て直しをしなきゃなぁと。

この書き出した「やりたいこと」を元に目標を決めようかな。

自分を好きになるということ

昨日、夜寝る時、長女が、

妹はお友達を作るのが上手に見えるから、人生辛いなぁ

ってこと言っていたから、それを聞いて思ったこと。

人と比べないで、自分のことを好きになってほしい、自分のことを大切にしてほしい。

これ、わたしが生きていく中で、辛かった時に学んだこと。そして、子どもにも伝えたいこと。

比べるから辛くなる。

もちろん時には、比べて逆にいい気分になることもあるだろう。

でもそれは一時的な優越感であって、人は比べ続ける限り、幸せになれないし、心はつながらないんだよってこと。

自分のことを好きになること、それは自己中心的になるということではなくって、自分の存在を自分で肯定するということ。

そういうことを子どもには、これから、色々な形で伝えていけたらと思っています。

ツツジの季節の考えごと

ツツジが綺麗な季節です。

去年は幼稚園バスの待ち時間にツツジと子どもたちの写真を撮ったのを思い出す。

保護者会の日に会社もお休みで

朝はママさんとお茶をして

午後は保護者会。

帰ってボーッとソファに座りながら考えごとなど。

色々な人生があって当たり前。

だからこそ、自分の揺るぎない価値観を持って

自分の人生を歩むこと。

それがすごく大切。

そう思いながら、夕飯作り前のひと寝入りなど。

わたしの在宅ワークの必需品

わたしの在宅ワークの必需品は、水筒とコーヒーカップです。

お仕事しながらコーヒーを飲むのは、もはや、当たり前というか、なくてはならない習慣になっています。

家にあるコーヒーメーカーで作ったコーヒーを水筒に入れて、飲みたい時にコーヒーカップに入れて飲みます。

こうすることで、いつでも熱々のコーヒーが飲める♪

はじめは水筒から直接飲んでいたんですが、それだと舌を火傷しそうになるときがあり

コーヒーカップに入れて冷ましながら飲むのが、わたし的ベストソリューションです。

ちなみに、コーヒーカップは数年前に沖縄に旅行したときに買ったもの。

デザインがすごく気に入ってて、毎日飲んでも飽きない!

こういうお気に入りのアイテムがあるだけで、日々のちょっとした楽しみになるなと感じています。

Scroll to top