日々の徒然 英語

久しぶりに仕事した。

久しぶりにお仕事しました。娘の寝かしつけで一緒に寝ちゃって、2時半になんとか目が覚めて、ちょっとWebサーフィンしてから作業を開始して、途中で娘が起きてきたので一緒に寝るのに付き合ってから、また作業を再開して、やっと終わって只今5時半です。また寝ようと思うのですが、すぐには寝れなそうなので、ちょっとブログ更新。

GWありーの、依頼あったけど量が多くて2件断りーので、自分で管理している稼働管理表を見ると、4/25ぶりのお仕事でした。今回は、とあるクラウドストレージサービスのUI翻訳で、420wordほどの小さい案件(とはいっても、今のわたしにはこれくらいがちょうどいい)。「クラウド」という単語が入っているだけで、「お?おもしろそうじゃん」と思ってしまうわたし。翻訳をはじめる前は、その企業のWebページ見てみたり、スタイルガイドを慎重に読んだり、用語集をじっくり見たり。

用語集については、量が多いときは、なるべく機械的に、なるべく簡単に、翻訳している箇所に該当する単語が確認できるように、たとえばエクセルだけで支給されたときはMultiTermで用語ベース形式に変換したりするんですが、今回は用語集の分量も少なく、かつ、翻訳するツールと相性の悪い形式で支給されたので自動的に翻訳中に確認できる環境にすることができない(ツールの使い方の問題もあるかも)のもあって、内容も興味があったので、作業前にじっくり用語集を読みました。

ほぅほぅ、なるほどねぇ…ここではこんなサービスを展開しているんですなぁ…なるほどなるほど。ほぅほぅ、これにはこういう訳がつけられているんですなぁ…勉強になります…なるほどなるほど。

などと言いながら、無駄ではないけど必要以上に用語集の確認に時間をかけました。

それでも、翻訳作業に入ると、頭に入れたつもりの用語は、実際頭に入っていないことが多いので、こまめに用語集を地道にエクセル検索して訳しました。「これ、用語集にない気がする」と思ったものでも、検索してみるとあったりして、自分の頭は信用ならんな…と思うこともしばしばです。

用語集にない表現(ていうか、今回の用語集は基本的に製品名とか一般用語だけで、表現に関しては特別な指示はないので、通常表現は用語集にはないのですが)は、実際のところ、ここでは何をしたいのか?を考えながら訳します。UI翻訳なので、実際のUIを想像しながら。でも、ただの「想像」なので、実際のUIを見れないのが、個人的には痛いところだと感じます。実際の画面見ずに訳して適切な訳が当てられるのか?と疑問を感じる部分は多々あるわけですが、とにかく与えられた環境で自分なりのベストを尽くすしかありませんし、そういう役回りなのですから、実際の画面に当てはめた訳は、誰かが確認するんでしょ?よろしくね?というスタンスです。

でも、実際このあとのUI翻訳フローとか聞いているわけじゃないし、誰かが画面で確認するかどうかは知らないんですけどね。

なので、「んー、ここは、ちょっと確認してもらったほうがいいかも。」というところは、コメントシートにちゃんと書くようにしたいと思っています。

正直、確認してもらいたいところって…全部だけど、そこは、個人の判断で「重要だ」と思うとこだけね。

うん、そんな感じで今日は仕事しましたって話。

この仕事も、まぁまぁおもしろいし、嫌いじゃないけれど、なんていうか、なんていうかだよね。他の仕事でも同じ場合は多いんだろうけど、自分がやっている作業が全体を見渡しにくいもので、かつ、個人作業になっちゃうとね…。

もう少し違う種類の翻訳をできるようになったらまた違う気はするけど、わたしにはまだまだそれは時間かかりそうだしな。

最近しつこいほど次の仕事について考えていて、この翻訳の仕事についてはそれなりにSE時代の経験が活きるときもあるし、内容も興味があるけれど、やっぱり物足りないので、プラスアルファとして週3、10-16時のIT関連もしくは翻訳関連の仕事を外で見つけられたらな~って思ってます。そんな仕事どこにあるねん、と思っていたけど、このしゅふJOBってサイトは意外とその希望に近い求人があって希望の光も見えてきたような気もするし。

そして、そう考えると、来年4月に3歳になる娘と0歳の赤ちゃんが幼稚園や保育園に入れるのか問題ね。これは、問題だわ。

さ、6時過ぎた。もっかい寝ようかな…1時間くらい。。

P.S.昨日は娘と午前中はお散歩&お買い物に行って、午後はお外にお散歩行きたがった娘でしたが、外にでるとなぜか「あれ?ワンワンは?」と言い出して、「よし!家に帰ろう!」と自主的に家に帰ってくれたので、家に帰ったらベランダでしまじろうとワンワンもお誘いしてカルピスタイムをしました。そのまま、娘のおままごとキャンプ(外で遊ぶのは娘にとってはキャンプっぽい)ごっこに付き合うこと1時間半くらいか…途中で眠くなって意識朦朧としつつ、意気揚々とキャンプごっこをする娘を眺め続けました。わたしはただ座ってただけなのに、夜はすっごく疲れてて、寝かしつけではバタンキュー状態だったよね。いや、よかった、2時半に目が覚めて仕事できて。ほんと。

00260521-053122-19882153.jpg

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です