グルメ 日々の徒然

究極の時短魚料理

次女のピアノのレッスンの送迎を終わらせてから、近所のスーパーに行ったら

そのスーパーで見たことがある鯛の中では一番大きい鯛がなんと800円で売っていたので、これはお得やん!と思い、買いました。

家に着いて、どうやって食べようかなぁと考えていたら、長女が「今日の夕飯、なーに?」と尋ねてきたので

逆に「今日の夕飯はこのお魚食べようと思うんだけど、どうやって食べたい?」と質問で返してみました。

そしたら長女、「塩焼き」だって。

わかる、わたしも、それ考えてた。昔、角上魚類で買ったイシモチをイワタニの炉端焼きで焼いた時、美味しかったもんね。

やっぱ、塩焼きだよね〜

というわけで、夕飯のメインディッシュは鯛の塩焼きで。

塩ふって、炉端焼き器で焼くだけよん。

究極の時短料理です。

家族みんなでつつくお魚も、美味しいもんです。

炉端焼きで焼くお魚は、なぜかふっくらしてて美味しいです。

ぜひ、気になった方は、卓上炉端焼き器で、魚の塩焼き、やってみてください(換気扇を忘れずに)。

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です