手術成功!体験記。

卵巣嚢腫摘出手術をすることになりました。さすがに、朝は少し緊張しておりました。逃げるわけにもいかず、やるしかない!と覚悟を決め、あとはなすがままに…という心境でした。

朝はまず点滴から始まりました。まだ少しつわりの影響でお腹が空くと気持ち悪くなっていたので、ご飯食べたいなぁ…と思いつつ、点滴開始。

点滴って、結局は注射みたいなもので針を刺すので痛い…なんか痛いんすけど…と早くも意気消沈してました。

とりあえず音楽聴いてツイッターでいっぱいつぶやいて乗り切りつつ、旦那さまが到着して、点滴痛いんだけど…と弱音を吐いたところ、点滴は痛いものだよと、旦那さまより助言あり。

刻々と時間が過ぎて行く中で、今日の血圧やら体温やら図って、赤ちゃんの鼓動も確認。赤ちゃんは昨日より少し移動していて、お腹の中でどうも動いているご様子。お腹の中の赤ちゃんに「今日は一緒にがんばろうね!」と心の声をかけました。

ついに手術のお呼び出しがかかりました。トイレを済ませ、ベッドに戻りまして、ベッドごと手術室に移動。なんとなく、ベッドごと移動するのは、楽チンでちょっと楽しい。楽しいって…自分この状況でバカだな…と思いつつ、旦那さまと一時のお別れを。そして、手術室の前で看護師さんとちょっと会話をしつつ、待機です。

ついに、手術室のドアが空き、手術室へ。…っていうか、ほんとに手術室。テレビで見るような手術室…手術服を着て頭にシャワーキャップみたいのをかぶったお医者さんがいっぱいいて、なんか数字が表示されてる機械とかあったりして、頭上にはテレビで見る手術用の照明が。

なんだろう…この本格的な空間は…。今から手術するんだから当たり前か…ちょっと本格的過ぎて一瞬戸惑いつつも(ちょっと泣きたくなった)、お医者さんを信じるしかない!!と、神を信じる心境。

それにしても、手術室は緊張感が漂っていて、カッコよかったです。さすが、人の命を預かる仕事だな〜とか考えてました。

点滴から麻酔を入れていきまーす、と言われて、はーい!と返事をしたものの、点滴をしている左手が妙に重くなってきて変な重い痛みがあり、即座に「なんか、左手が痛いんですけど?!こんなものですか?!」と聞きました。そんなものらしく、わたしも「分かりました」とすぐに大人しくなりました。

あとは、…



ぼんやり「終わりましたよ〜」という声が聞こえて、わたしも「ありがとうございます!」と答えて、ベッドごと元の病室へ移動。

旦那さまも病室へ戻ってきて、ちょっと会話をしつつ、赤ちゃんの鼓動を確認しつつ、わたしはとりあえず寝ることにしました。

そして、さっき目が覚めて、mixiとかFacebookとかTwitterとか見たりして、この体験記を書いているところ。

お腹の痛みは若干あるものの、blogの更新ができるくらいの元気はある状態です。(ちなみに、blog更新はiPhoneからやってます〜。)

あ、旦那さま来ました!じゃ、今日はこの辺で〜♪

小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です