プライドが高くて評価されない問題を抱えるわたしの【本当の退職理由】

NO IMAGE

ここのところ、なぜ自分は会社を辞めたいと思っているのか、その理由を考えていた。迷いは既にほぼなくなって、赤ちゃんも出来たことでナイスタイミング!と思っているのだけど、それにしても、なんで自分はこんなに会社を辞めたいと思ってるのかなぁ〜っていうのが、上手く言葉に出来なくて、もしかしてただの腹いせか?!とか、ただの負け惜しみか?!とか、退職しないほうがいいのか?!とか考えてたりしていた。
本を読んで、会社の悪いところを探そうとしたりしてる自分もいて、どうも自分が会社を辞める理由を自分で正当化したいみたい。正当化するのはいいんだけど、それが本当に正当な理由じゃなくてひん曲がった理由なら、もしかして、退職しないほうがいいのでは??と考えたり。

そして、結論なんですが、手前味噌だし、もしかしたらプライドが高すぎるのかもしれないけれど、結論。

「あたしがうちの会社にいるのは勿体ない。あたしはもっと稼げるはずだ。」

そういう気持ちがあるからです。

いまの自分の給与テーブルから考えて、年収1000万はもう夢でもなくなった。ほぼ、無理な状況です。そんな夢もないところに、このまま働き続ける意味があるだろうか。もう、夢がなくなっちゃったんだよね。うちの会社に。

これで、会社を辞めて、一時的に年収が下がるのは見えてる(これもちゃんと計算してるわけじゃないけど)。けれど、一度辞めることでまた新しい道を歩むことができれば、年収1000万も夢じゃなくなる。

年収1000万って、なんであたしが言うかって、そりゃ、なんで社会に出たと思ってるの。頑張って勉強して、収入が安定する公務員になるわけでもなく、社会に出て、何をステータスにするの。会社名でもなんでもなく、年収じゃない?って思った。なぜ今まであんなに勉強してきたんだっけなーって考えるでしょ。その理由は頑張ってるときは分からなかった。それで、今までの勉強を何に活かそうかな〜って考えて。今の会社の仕事は面白くて、今までの考えるという勉強が活きた気がした。ただ、それが評価には結びつかなかった。それは、会社の求めてるものと多分自分が進んでいる方向が違うからだ。あたしは会社に合わせて考えることをやめて安定した収入を求める人間か、会社に合わせることを辞めて自分で切り開いた道で挑戦する夢を追う人間か、っていったら、断然後者だ。

ごめん、うちの会社ではあたしの生きたいように生きれない。

あたしは、どちらかといえば、お仕事については孤独と自由を求める人間だ。もちろん、プライベートでは孤独は嫌だし、自由よりも愛を大切にしたいんだけど。

不安は自己管理がどこまでできるかだと思うけれど、会社を辞めるということはそういうことだ。それは、自分に厳しくならなくてはいけない。どこまで頑張れるか、もう一度自分にストイックになって挑戦したいと思う。あたしなら、きっと、できる。やる気さえあれば。

きっと、会社でやる気をあり余らせてストレスをためるより、大変でも挑戦することがあったほうが、あたしには精神的なストレスが少ない気がする。