20週目の超音波検査。

今日、超音波検査がありました。赤ちゃんの性別が分かる検査と聞いていたので、男の子か女の子か聞く気マンマンで行きました。妊婦健診でも毎回診察室で超音波検査をするんですが、今日はさらに念入りに超音波検査だけをする日だったようで、いつもとは違う特別な部屋で検査しました。

超音波検査では、頭の大きさやお腹の大きさや太ももの長さなどを念入りに調べたあとで「今、推定310gくらいですね。赤ちゃんも羊水もちょうどいい大きさです。」と言われて、ほっとしました。そして、検査も終わりというときに、今日の本題「男の子か女の子かってもう分かるんですか?」と聞きました。すると、先ほど見ていた太ももの部分をもう一度見せてくれて、「何も見えないので、女の子の可能性が高いですねぇ…でもこれからの超音波検査でも聞いてみてくださいね。」と言われました。

女の子だって…

今まで男の子がいいか女の子がいいかと聞かれれば、旦那さまはどちらかといえば女の子、わたしはどちらかといえば男の子かな〜と答えていました。最近、人に顔が変わったと言われることが続いていたので男の子かな〜と思っていたら、意外や意外、女の子。ほほ〜〜、たしかに、太ももと太ももの間に何も見えません。たしかにたしかに。

まだ、これからの検査で男の子のしるしが見えるかもしれないので、確定ってわけじゃないですが、今日は早速病院の帰りに女の子の名前をWebで検索してみたりしてしまいました。それにしても、わたしが男の子がいいって言っていたのは、自分に似ている女の子が生まれたらなんか困るなぁ…育てるの大変そうだなぁ…って思ってたからなんですが、よく考えたら、女の子はお父さんに似るっていうし、どんな女の子が生まれてくるのかな〜って考えていたら、なんだか楽しみになってきている自分がいました。

さてさて、これからどうなることやら。どんな子が生まれてくるのやら。

でも、なんだか性別が分かるだけでテンションあがりますね。

夢が膨らむっていうか。

そして、今日は病院のあとに会社にいって、帰りは近くのAEONで買い物をしたあとで、可愛い雑貨屋さんが安売りをしていたので寄ったんですが、やっぱりなんだかテンションがあがっているのか、安売りしていた可愛いお皿やアロマポットやアロマと一緒に、レジャーシートなんて買っちゃいました。そういや、うち、ちゃんとしたレジャーシートないなと思って。これから必要になるだろうなと思って。買ってみてから、思ったんですが、すでに女の子の赤ちゃんとの楽しい日常生活の妄想がはじまってるみたいです。これが親心ってものなのかしら

20110822-103021.jpg

小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です