日々の徒然 映画・ドラマ

韓国語が勉強したくなる話

アンニョンハセヨー。カムサハムニダー。イプロッソ。リンジョンヨクシー。サランヘヨー。

愛の不時着にハマって仕方ない昨今、韓国語を勉強してみたくなっています。

去年、愛の不時着を観た時も、韓国語が勉強したくなって、NHKの韓国語のテキストを買ったんでした。

その買ったテキストを引っ張り出してきて、パラパラパラッと眺めては、韓国語全然わからんわーと思ったりしてます。

近くて遠い国、韓国。

資本主義国家の日本のほうが、北朝鮮より韓国と近い気がするけれど、愛の不時着を観てると、韓国と北朝鮮のほうがずっと近いなと。物理的にも、心の距離的にも。

英語はある程度勉強したわけだし、次にやる言語としては中国語とかも、ビジネスには役に立つんだろうなぁと思いつつ、今は韓国語が勉強してみたい。

愛の不時着の言葉を全部覚えたい、そんな気持ち。

(ちなみに、字幕の日本語訳も、かなり映像とあってて、きっと上手い訳なんだろうなと思われます。原語はわからないけど、そう思う)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ ↑読んだら足あとがわりにクリックしてもらえると励みになります*

あれこれ話

2件のコメント

  1. ちゅるりん さんの発言:

    韓国人女性で、K-pop好きな女の人が、K-popのアイドルが日本語を喋ってるのを見て、「何と言ってるのか
    知りたい」と思って日本語勉強して、3年後には日本語ペラペラになって、日本の企業に就職したという記事が
    どっかに載ってました。韓流ドラマを見て、韓国語ペラペラになって韓国の企業に就職するというのはまずないでしょうが、ハングルは勉強して損は無いと思います。

    1. さんの発言:

      3年後でペラペラはすごいですね。ちょっとハングル勉強してみるかもです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です