日々の徒然

さまよってさまよってさまよって

さまよい続けている人生を。大切な人を見つけた今もさまよっている。自分が何をやりたいのか、時にそれははっきりとした思いとなって道を開き、時にそれは 周りの流れに流されてまた形を変えていく。そうなのよ、わたしは諦めることを、しすぎている気がする。けれど、諦めずにはいられないときだってある。けれ ど諦めすぎたら、自分が本当に何をしたかったのかが、分からなくなる。
それをちゃんと考えておきたいと思った。なぜなら、日々のことに夢中になったまま、昔の夢はどこかに消えそうになっていて、本当に大切なものさえ、見失いそうになっている自分を最近感じるから。

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です