日々の徒然 英語

1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急

こんばんわです。先日より翻訳家を目指します!という話を何度かしておりましたが、先日ほんやく検定で不合格となりました通り、色々翻訳家に必要な力をつけていかなければいけないことは明らかです。さて、きっと翻訳家になるには、色々な力が総合的に必要になってくるのでしょうが、まずはやっぱり英語の基礎力をつけなければいかん!と思っておりまして、最近読んでいた本が「1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急」という本です。

この本は、本屋さんでなんとなく立ち読みしてみて、文法を解説する本の中でも文体が面白そうなので買いました。読んでて眠くなってしまうような本って、きっと地道にやったら力がつくんだろうけど、なかなか地道に勉強する時間をとって続けるのって難しいですよね。そんなわけで買ったこの本ですが、はじめの印象通りとても読みやすくて、わたしにしては珍しく最後まで読んでしまいました!

学生時代に習った文法を復習したくて買った本ですが、この本はまさにその「文法」から TOEIC を攻めるための考え方が書かれていました。「文法的な視点から、確実に答えを導きだす!」ということに焦点を置いたこの本は、とても文法の勉強になりました。ちょっと文法的な解き方に偏りすぎているところがあるとは思いますが、きちんと意味を理解できた上で更にこの本の文法的な裏付けで確実に答えを出していく力がつくと、結構ためになりそうです。

この本のすごいところはあくまで「意味を理解しようとしない。基本は文法的な知識だけで TOEIC の問題を解きなさい。」という論旨が一貫しているところ。解説はほぼ文法的な視点から正しい答えをどのように導きだすかの説明になっています。ていうか、単語の意味とか文章の意味が分かってないと、この単語の品詞(動詞とか名詞とか形容詞とか副詞とか)なんて見分けられなくない?ていうか、その単語がその品詞だって分からないと解けないよね?と思うことはあるんですが、それでも品詞を意識しながら文章を読むことでなんだかぼんやりしていた英文がくっきりすっきりしてくるのが分かります。

この、あくまで文法に焦点をあてているところが、この本の分かりやすいところでした。

また、1題1題がとても短いので短編小説のように気軽に読むことができるのもよかったです。

とはいえ1回読んだだけだとまだちゃんとこの本を理解できていないと思うので、また読み返して復習したいと思います!

あとは、こうやって英語の文法も少しずつ勉強していきながら、最終的な目的は TOEIC ではなくて翻訳家としてのお仕事がもらえるようになることだということを忘れないようにして、勉強を続けようっと♪

これから赤ちゃんが産まれて忙しい毎日になるとは思いながらも、きっと会社にも行かずに毎日家に居たらしゃべることも少なくなりそうなので、たまにこんな感じで本の感想とか書いていきたいと思いまーす。では〜

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です