日々の徒然

結局のところ

面白かったり楽しい話を書こうと思うのだけれど、やはり真面目な話になってしまうのは、仕方がないことだ。

そして、思うのは、わたしは結局のところ、自分の中で自信を持てるものがないから、妙に根拠のない自信を持ったりしてしまうんだ。それは、たまに、言葉の端々に現れるらしい。昔先輩に言われたことを思い出した。「どうしてそんなに自信があるの?」と。なぜだか分からないんだ、どうしてそんなに自信があるように見えるのか。ただ、たまに言われるんだ、わたしは。どうしてそんなに根拠のない自信があるようなことを言うのかっていうような、そんなニュアンスのこと。正直なところ、なぜそんなに根拠のない自信があるように見えるのかということが不思議ではあるのだけれど、そう見えるというのは、きっとわたしの中に人には見えるものが見えておらず、何かが欠如しているからなんだろう。

そういう人とのギャップを埋める努力をすることが必要だ。

その上で、わたしは、自分の目で見て、自分の頭で考えたことを、きちんと話せる自分になりたいと思う。

漠然とね。

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です