日々の徒然

焦りなのかもしれない。やりたいことを淡々とやればいいのに。

頭の中ではスティーブ・ジョブズの本を読みたいという思いを抱えつつ、なぜか朝は起きれない。少しでも長く寝たい自分。

なんとか朝起きたら子どもたちの朝ごはん。いつも時間がないので、時間内でできる最低限の朝ごはんになってしまう。それでも、なんとかフルーツくらいはつけたりして、頑張ってる。

それから部屋を片付けて、翌週分の買い出しに行って。

旦那さんは、控えめに言って、家事をよく手伝ってくれる方だ。

昔は帰るのも遅くて家事は朝の洗濯だけだったけど、コロナで在宅になってからは、お昼ごはんも作ってくれるし、子どもたちの学校の準備も手伝ってくれて、わたしは、たまに手持ち無沙汰になるくらいだ。

だから、十分自分の時間はありそうなものなのに、なぜか時間がない。午後は旦那さんと長女がプールに行っている間に、わたしと次女がピアノの練習をして、それからウェブセミナーを受けて、夕飯の支度して、長女が帰ってきたら、子どもたちと図書館に行って。

本を読むより、実践をやりたい気持ちもある。

やりたいことが、できてない、焦り。

向かいたい方向がわかってきたのに、そこに向かい切れない焦り。

なら早起きして少しでも努力すればいいのに、頭の中に色々グルグルしてて朝は起きれないし、軽い自己嫌悪(早起きはもう諦めてるが)。

たぶん、焦ってるから、旦那さんにも、酷いことを言ってしまう。

結局、無理しないで、やりたいことじゃなくて、できることを淡々と、っていうのが一番家族として幸せなんだろうか。

でも、やりたいことができないと、結局はイライラするじゃないか、自分。

戦闘モードにならずに、やりたいことを淡々と。

できないものなのか、自分。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です