次女7歳!

ついに次女が7歳の誕生日を迎えるにあたり、この週末はお誕生会モードでした。

午前中は長女と次女とお散歩して、ひまわりを見つけまして、夏を感じつつ。

今年の次女からのオーダーは、去年のうさぎちゃんのケーキにならって、ねこちゃんのケーキ。

こちらは去年のケーキですが

今年は当日の試行錯誤の結果、ホワイトチョコを削ってふわふわ感を出すというアイディアを思いつき、なかなか完成度の高いねこちゃんのケーキができました。

こちらが今年のねこちゃんケーキ。

夕飯は次女がブリしゃぶがいい!というわけで、恒例の角上魚類でブリを買ってきまして、しゃぶしゃぶ、しましたよ〜

最後はお誕生日プレゼントもありまして

長女が作ってくれたお誕生会プログラムも順調に進行し

長女からの次女へのプレゼントもあったりして、ほっこりしつつ

無事お誕生日会が終わりました。

母さん、長女と次女が仲良くしてくれるのが一番嬉しいです。

なるべく、2人それぞれに平等になるように、母は気をつけています。

それは同じことをするというのではなく、それぞれの好みや性格に合ったお祝いをするということ。

完全には平等にいかないこともあるけれど、長女も次女も生まれてきてくれてよかったという、その気持ちは変わらないこと、伝わったらな、そして伝わるように頑張らないとな、と思っています。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ ↑読んだら足あとがわりにクリックしてもらえると励みになります*
小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

2件のコメント

  1. >長女も次女も生まれてきてくれてよかったという、その気持ちは変わらないこと、伝わったらな、そして伝わ
    >るように頑張らないとな、と思っています。
    tough timeがこの先の人生であると思いますが、自己肯定感が強ければ何とかなると思います。
    レジリエンスもあるといいですね。娘さん、誕生日おめでとうございます。
    ブリしゃぶというのはなかなか渋いセンスですね。思いつかなかったです。ケーキお見事です。

    1. ちゅるりんさん、ありがとうございます。

      自己肯定感、すごく難しい問題です。子どもを怒りすぎて、子どもの自己肯定感が低くなってしまうのが悩みです。

      ぶりしゃぶ、渋いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です