日々の徒然 映画・ドラマ

愛の不時着の魅力に迫りたい

子どもたちが寝た後、スティーブ・ジョブズの本を少し読み、それから布団の中で愛の不時着を観る…というのが、日課になりそうです。

今日は愛の不時着はエピソード2まで観終えました。

愛の不時着、2巡目。

いや、2巡目もいいです。知ってるからこそ、見えるものがあるというか。むしろ、1回目よりも、心の余裕を持って観れる分、愛の不時着の良さを存分に噛み締められるのかもしれない。

何がそんなにいいのって思うよね。もしまだ観てない人は。

でも、この良さを伝えるのって、めちゃめちゃ難しい。

思いついた言葉で言うと、「素朴なしあわせと、純粋なトキメキと、真の格好良さが、本当に絶妙な形で表現されてるところが、ものすごくいい」んだけど

伝わらんなぁ(笑)

もちろんソン・イェジンとヒョン・ビンが、2人ともビジュアル的に美しいというのもあるのだけど、それに加えて、相手を想う気持ちが美しいドラマなんです…

日本の恋愛ドラマって、コテコテのベタベタの「そんなことあるー?!」って感じがわたしはあまり受け付けなくて基本見ないのだけど、この愛の不時着は「そんなことあるー?!」ってシチュエーションなのに、なぜかコテコテベタベタしてないんだわ、、

なんだろう、この絶妙な、自然感。

もしかして、ソン・イェジンとヒョン・ビンが相性が良すぎるのが、映像に滲み出てるから?!2人、付き合ってるって言うしなー。

うーーーん。このドラマは本当に自然にキュンキュンできて、すごくいいんです。

2巡目、ちょこちょこ観進めたいと思います。楽しみなり。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ ↑現在総1981話、234日連続更新中。読んだら足あとがわりにクリックしてもらえると励みになります*

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です