変な自信と本物の自信

変な話だけど、わたしはたまに変な自信に満ちているときがある。変な自信って、つまりは、根拠のない自信。

ただ気持ちだけが自信に満ちていて、特にそれを裏付ける証拠とか実績があるわけではない。

なんでだろうね。

でも、大体、そういう根拠のない自信というのは、脆く壊れやすい。だから、わたしは本物の自信がほしい。ただ、気持ちだけの自信ではなく、根拠や実績に裏付けられた自信。

気持ちだけでも、自信があるのは、悪いことではないと思うのだけどね。

ただそれは、根拠がないだけに、崩れるときは一瞬だったりする。

だから、わたしは本物の自信がほしい。

漠然と、そう思う。

小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です