日々の徒然

千葉の風に吹かれて

ただいま実家に帰っております。こんにちは。

さてさて、なぜ実家に帰ってきているのかと言いますと、最近ずっと体調が悪いことが続いていたんですが、先日病院にいくと、とある症状が発覚しまして、数日安静にしていなさい…というわけで、ご飯をつくる気力もなく、実家にいけば美味しいご飯が食べられるはずだ…との魂胆から、今週のはじめごろから実家に帰ってきております。

さてさて、今週も終わろうとしているわけですが、はじめの魂胆どおり、美味しいご飯を食べさせていただきまして、近くの病院で再度検査してもらったりとかして、あとはとにかくたくさん寝まして、長らく読み終わらなかった本もやっと読み終わりまして、なんとなく、気力が回復してきたような気がする本日。

わたしの実家は、千葉の高台にあって、周りには森や林や畑と民家が見えます。空は青く、ベランダには母が育てている花が咲き誇り、緑があふれています。リビングの大きな窓から入ってきた風は、家の真ん中にある畳の部屋を通り抜けて、廊下を通り抜けて、昔わたしがいた部屋を通り抜けて、また窓から外に出ていきます。

なんて気持ちいいんだろう。

ひとり暮しをはじめてから、実家に戻ってきてもすぐ東京に帰ってしまうことが多かったので、こんなに実家に長くいたのも久しぶり。実家にいたころは気付かなかった実家を良さを、今回は本当に実感しました。体は本調子じゃないけれど、実家で癒した体を大切にして、もう一度これからの生活に戻ろうと思います。

そして、実家のような気持のよい生活をこれから築いていけるように、
日々の生活を、大切に過ごしていきたいな。

そんな風に、思いました。

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です