日々の徒然

ママトモダチとの出会い

引っ越しまであと3日です。今日は、朝起きたら、ちょっとお腹が痛かったのでベッドでゆっくりしながら、なんだか急にケツメイシの『サクラ』が聴きたくなって、イヤホンで寝ながらYouTubeでサクラを聴いていたら、その下にあった『トモダチ』に指先があたり、曲が切り替わりました。久しぶりにこの曲を聞いて、改めていい曲だと思って、なんどもリピートして聴いた朝。

昨日は、ママ友さんたちと、はじめての夜の会がありました。好きなものを食べて、思い思いのことをしゃべって、とっても楽しかった。わたしがここに引っ越してきて、もうすぐ1年8ヶ月。生後5ヶ月になった娘を抱えてやってきたこの街で地域の子育て支援センターに遊びに行って、自然と仲良くなったママ友さんたちです。イオンでランチしたり、カラオケシダックスのキッズスペース付きの部屋でランチしたり、それぞれのおうちでまったりしたり、近所の花園でピクニックしたり、ハロウィンやクリスマスパーティーしたり…思い起こせば、色々あったなぁって思いながら曲を聴いて。

そうこうしているうちに、横で寝ていた娘が目を覚ましたので、ふたりで起きて、パンと牛乳とニモで朝ご飯な今。

いやしかし、ここのところ、この街での生活を色々思い出している。

娘が産まれて、結婚してから住んでいた街を離れて、この街にきたのは、マイホーム探しのためだった。子どもも産まれて、できれば落ち着いて長く住める新居があるといいなと思い、色々物件を見ている中で、ちょっといいかも…というマンションがあり、そのマンションがある街にまずは住んでみようということになったのだ。

実はこの街は、娘が産まれる前に、小さなショートコース付きのゴルフ練習場に旦那さまとゴルフ練習のためにきたことがあった。わたしたちは、ゴルフバックを抱えてこの街を歩いて、「こういうところに住んでみたいね」と話していたのだった。

そして、その街に住むことになり、日々気になるマンションを横目に見ながら、自分たちが住みたい新居についてふたりで色々物件巡りをし、喧嘩し、話し合い、喧嘩し、また気になるマンションを見に行き、わたしの夢である一軒家も色々見たりした。

都内まで1時間以内で通えるこの街は、落ち着いた雰囲気だし都内にも近いと思えたが、会社を辞めたわたしは実際に通っているわけでもなかったし、旦那さまは毎日早起きして娘と顔を合わすことなく仕事に向かい、娘が寝たあとで家に帰ってくる生活だった。

家探しをしていく中で、もう少し都内に近いほうが、より生活しやすいのではないか…ということになり、都内に近い物件も見るようになった。

その間に、わたしはこの街のママ友さんともだんだん仲良くなり、はじめはこの街に住めたらいいなと思っていたのに、もしかしから他の街に住むことになるかもしれない…というちょっとした寂しさを感じながら、週末はマイホーム探しをしていた。

そして、結局最終的に行き着いたのは、もう少し都内に近いマンションだった。

それがほぼ決まったのは1年前くらいか。

せっかく仲良くなりはじめていたママ友さんに、引っ越しのことを言うと疎遠になってしまうんじゃないかと思ってためらわれた。

ふとした折に、その話になり、引っ越すことを伝えたあとも、わたしの心配をママ友さんたちは吹き飛ばしてくれて、変わらず、より仲良くしていっぱい遊びに誘ってくれた。

そんなママ友さんたちと、これからなかなか気軽には会えなくなると思うと、とても寂しい。

日に日に近づく引越しの日を目前にして、時間が自分の気持ちに反して進んでいくのを感じる。

と、ここまで書いてみて、いやいやいや、何もそんなにセンチメンタルになる必要ないなって気がしてきました。

海外に行くわけじゃあるまいし。

どうも、引っ越しの準備がある程度進んで、あと平日2日となって、何していいか分からなくなって、ぼーっと考えごとしちゃってました。

娘も、家の中でウロウロしながら、携帯からブログ更新してる母を横目に、暇そうにでも可愛らしく笑顔でウロウロしております。

ふぅ、まとまらないね。

下の写真は、今住んでいるところのママ友さんたちからのプレゼント。土日に子どもを旦那さんに預けて、みんなで作ってくれたそう。みんなの気持ちがこもったプレゼントで、とっても嬉しかったです。新しいおうちに飾ろう♪

この場所に引っ越してきて、よかった。新しい場所に持って行きたい思い出がいっぱいできました。

みんな、ありがとう 。そして、これからもよろしくね。

00260327-140748.jpg

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です