キックゲーム。

お腹の中にいる間の赤ちゃんとのコミュニケーション方法として、キックゲームというのがあるそうです。お腹をポンとたたくと、赤ちゃんが同じところをキックし返してくれるというもの。

たしかに、最近お腹の中で頻繁に動き回っているのを感じることがあるけど、そんな人間的なコミュニケーションがもうできるようになっているものなのか。お腹の中の赤ちゃんってそんなに賢いの??と不思議なんですが、ちょうどお腹に赤ちゃんがいる友達の話をきくと本当らしい。

すごいなぁ、人間て賢いなぁ。

わたしもやってみよう!ってことで、最近ちょっと赤ちゃんが元気そうなときに、それらしきことをやってみたんですが…そんなにうまくいかないよ?でも、なんか逆にそれがこのお腹の中にいる赤ちゃんの人間味を感じた気がして面白かったので、4コマ漫画にしてみました(暇人。笑)。

キックゲーム、難しいなぁ。でも、webページでやり方をよく見てみると、お母さんがポンとするときは「キック!」と声をかけてあげるらしい。そして、1〜2分くらいしたら、赤ちゃんがお腹を蹴り返し絵くるので、また「キック!」と声をかけながらポンってするんだって。なるほどねー、かけ声をかけてあげなきゃいけないわけね。それにはじめは1〜2分も待たなきゃいけないんだ。ほぅほぅ。

お腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションにも段階があるんですなぁ。
今度は赤ちゃんの警戒を解く感じでキックゲームをやってみようかなぁ。

でも、警戒してる(勝手にわたしがそう思ってるだけかもだけど)赤ちゃんも、人間味があって面白いんだけどね〜笑♪

小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です