はじめてのトライアルは不合格。

20120509-024737.jpg

昨日の午後、はじめて受けたトライアルの結果の連絡がありました。不合格でした。

昨日は午前中は通信教育の前回のテキストや課題の添削を見直しながら、自分の翻訳をどうよくしたらいいのか…今の勉強方法でいいのか…考えていました。けれどもいい答えがでず、うちの子と一緒にぐったりと寝てしまいました。午後はちょっとお散歩して近所のカフェで考え事をし、帰ってからまたうちの子と一緒にお昼寝をして、夕方頃に起きて携帯を見ましたら、結果の連絡がきておりました。

現実は甘くないということを実感しています。

しかし、落ち込んではいられません。今のままでは在宅フリーランスの産業翻訳家としてのスタートはまだまだ先になりそうです。今度、今回受けた翻訳会社に直接行ってトライアルのフィードバックとオンサイト翻訳(お客様先での翻訳業務)やその他の職種についての話を伺ってきます。このまま通信教育を続けながら受かるまで色々な翻訳会社のトライアルを受け続けるべきか、もしくは、違うアプローチの仕方をするのかを考えなければいけません。

色々な情報を収集して、一番現実的で最適な解を見つけたいと思います。通信教育も今まで以上に気合を入れて読み込んで勉強し、翻訳力をさらにアップできるようにがんばります。

そう、決意を新たにするAM3:15。

P.S. ポジティブ思考&笑顔でがんばることが重要♪

小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です