海外ドラマSUITSで知った銃とマグカップの共通点

昨日の夜は、Netflixで好きな海外ドラマSUITSの新着エピソードを観た。以前はAmazon Primeで観ていたが、やはり英語の勉強のためには字幕がついていたほうがよいと思い、最近は海外ドラマはNetflixで観ている。でも、Netflixはキッズ用の動画が少ないことに気づいたため、旦那さんと話して、近々Huluに変更する予定。

Netflixだと『愛の不時着』とかも面白いと聞いて、気になってちょっと観てみたけれど、やはり英語の勉強を続けている身としては、英語のドラマを観ないといけない気がして英語のドラマを観てしまう。このままHuluに行くと、『愛の不時着』は観ずにNetflixとバイバイしなきゃいけないくなるので、人生の時間の使い方について検討が必要だ。

英語の海外ドラマは、「子どもが英語のシャワーを浴びる」ように観ている。つまりは、わからなくても、なんでも英語を浴びている状態。少しずつわかる表現は増えてきたとは感じるものの、やはりわからない言葉も多い。言葉の問題なのか、人間の心の読み力の問題なのか、わからないときもあるけれど。

昨日は、英語の字幕付きでSUITSを観ながら、「何か1つくらいは新しい表現を覚えるぞ」と思い、目と耳をそばだてて観ていた。結果、一番心に残った言葉は、「mugged」だった。

SUITSの主人公Harveyの戦友、Louisは、突然道端で銃による脅迫をされたことにより、精神的ダメージを受けた。自分の弱さを見せられず、そのことを職場の人に話せなかったのだけれど、戦友の異変を知ったHarveyがLouisに詰め寄り、そしてやっとLouisが心の苦しみを打ち明けるシーンで言ったセリフの中に入っていた言葉だ。

話の流れから、”mugged”は、「脅迫される」とか、そんな意味かな~と想像してみたうえで、muggedの意味を調べてみると、ピンポイントで「銃で脅される」という意味があることがわかった。

でも、mugには、普通にマグカップの「マグ」という意味もあるようだ。

「銃で脅される」ことと、「マグ」の関係を調べようと思ったのだが、会社に英英辞典を置いてしまっており、家にある電子辞書もかなりの旧型で電池も切れてしまっており、辞書で調べることができなかったので、新しい電子辞書が欲しくなってきた、月曜の朝。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 英語ブログへ
Nanae
8歳と6歳の姉妹を育てる時短ワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新したいと思っています。お暇つぶしに、お気軽にお立ち寄りください* プロフィール詳細はABOUTメニューから。 https://cosmoseek.com/about

コメントはこちら*

Scroll to top