母ちゃん自宅塾の願い

長女が塾には行きたくないが、お母さんとZ会をやるのはオッケーということで、最近、長女にスパルタで勉強を教えています(と言っても、大した量をやってるわけでもなく、たまに怒ってる、という意味でのスパルタですが、、)。

怒らないように努力するとは言っていますし、実際努力はしてますが、それでも、やはり怒ってしまうことは、多々あります。

しかし、長女は、ついてくる。

怒られて泣いても、話の内容が納得できれば、素直に聞くのが、長女の特徴です。

計画はお母さんが立てる。それを長女に伝えて、それを長女は実行する。

わたしの計画は、とりあえず、国語・算数・理科・社会をコツコツと毎日進めること。

どれくらいコツコツやるかは、長女の余裕具合を見ながら決めています。

わたしが昔、中学受験したときは、母と大喧嘩をしながら勉強していました。

大喧嘩をしながらの勉強はあまりよい思い出ではないので、長女には、大喧嘩をして仲が悪くなるくらいなら勉強は辞めた方がいい、家族仲良しなのが一番大切、という話をしています。

それでも、教えながら、やはり怒ってしまうことはありますが、長女が素直に聞くので大喧嘩には発展していないのですが

やはり、将来、長女と仲が悪くならないようには、したいなと強く願っています。

なぜって、わたしは、母親と仲良くできなくて、とても悲しい思いをしたから。

でも、だからって勉強を教えないのが、仲良くする道だとも思わない。

わたしだって、母と大喧嘩しながら勉強した記憶はいい思い出じゃないと思っているけれど、今となっては、母が子を思う気持ちも、昔よりは、少しわかるようになったから。

自宅塾で使ってる教材はZ会のもの。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ ↑読んだら足あとがわりにクリックしてもらえると励みになります*
小学4年生と小学1年生の姉妹を育てるワーママです。気ままブロガーですが、毎日更新中。エッセイが好きで、日々の大切な一コマをつれづれと綴っています。プロフィールはABOUTメニューから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です