テクノロジー 日々の徒然

コンピューターの仕組みって。

コンピューターの仕組みって、結局のところ、人が考えた仕組みの集大成なんだなーと最近思う。どうやって動いているのかサッパリ分からないように見えるものだって、結局突き詰めれば必ず人が考えた仕組みが存在する。

ただ、難しいのは、その仕組みが多すぎるところだ。ある仕組みを利用して更に新しい仕組みがどんどん生まれている。それを人は技術の進歩と呼ぶ。

あ まりに色々な仕組みが仕組まれすぎてて、問題が起きたとき(障害)はそりゃもう大変だってことも分かってきた。仕組みが分かってなきゃ、問題なんて解決で きるわけがない。解決できるのは、仕組みが分かっている人だけ。そして、その仕組みを理解するのは、一朝一夕でできることではない。

だから、技術力があることに価値が出てくる。

まぁ、技術力だけでは解決できない問題っていうのも存在するけどね。物理的に調査が難しい場合などは。でもでもさ、技術力以外の問題を全て取り除くことが出来て、高い技術力があれば、それは素晴らしい価値を生み出すんじゃないか、なんて思うんだ。今日は、そんなつぶやき。

あれこれ話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です