日々の徒然

わたしは、わたしなりのやり方で。

久しぶりに、幼稚園の送迎でたまに通っていた川沿いの道を、ひとり自転車で走ってみた。

脳裏に浮かぶ、小さな頃の子どもたちの姿。

ここでたまに立ち止まって草花と戯れたり、川で泳ぐカモさんを見たりしていたっけ。

子どもとの貴重な時間を過ごせたこと、それは、やっぱり何にも代え難い、宝だ。

スティーブ・ジョブズの本を読んでいると、子どもに愛情を注ぐのは、本当の親じゃなくてもいいんだなと思う。

逆に言えば、本当の親であっても、愛情を注ぐことができなければ、ただの産んだだけの親なんだなと。

今の子どもたちの背中を見て、随分大きくなったなぁとたまに思う。

子どもたちと一緒に過ごせる時間だって限りがあるわけで、一緒にいる間に、できる限りのことは、していきたいな、と思う。

かと言って、わたしの母のように、専業主婦になってすべてを子どもに捧げるのも、わたしの場合は何か違う。

わたしはわたしなりのやり方で、子どもに受け継ぎたいことと、自分で切り開いていきたい道がある。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

あれこれ話

4件のコメント

  1. さんの発言:

    母であり、妻であり、キャリアウーマンである女性として、どのように生きていくか、悩ましいことだと思います。姉妹の母として、愛情を注ぎ、妻として、家事をし、派遣社員として働く今で、次のステップとして、エンジニアを目指していると理解しています。エンジニアを目指すならば、システムエンジニアとして派遣社員で働くのが良いと思います。ご主人もシステムエンジニアなので理解は得られるでしょう。僕が会社員だった頃、システム部は夜間バッチ処理などがあり、残業も多い部署でした。システムエンジニアは長時間労働がネックになると思います。しかしキャリア的にはSEが正解でしょう。頑張ってください。応援しています。ブログ上に動画を乗っけるのは面白いと思います。ワードプレスの知識が必要になると思いますが、できなくはないと思います。

    僕は今、メディカルの課題を解いている最中です。はっきり言って難しいです。まぁでも自分が選んだ道ですし、メディカルは役に立つので無駄にはならないと思います。教材に不満を言うと、新型コロナウィルスについて扱って欲しかったです。まぁでも毎日の新聞でおおよその事はわかりますが。

    1. さんの発言:

      ちゅるりんさん、アドバイスありがとうございます!イメージとしてはセールスエンジニアかなと思っていまして、技術も理解してるからこそできるセールスというのをやっていけたらと思っています。今の職場でそういうチャンスも最近あったので、頑張ってみるつもりです。わたしもSEの頃は残業めちゃしてました。残業は子どもがいると基本できないので、その辺はバランスを見てやるしかないかなと。

      メディカルの英語、ブログを少し拝見させていただきましたが、本当に難しいですね。でも、ちゅるりんさんなら、きっとよい翻訳をされると思います。教材はやはりタイムラグありますね。昔、DHCのIT翻訳の教材見たとき、内容が古いなぁと思いました。新聞やサイエンス系の英語を読むのもよさそうですね!

  2. さんの発言:

    セールスエンジニアには、クレーム対応がある一方、やりがいもあるので、良いと思います。ITステラジスト試験が、推奨されていました。
    サイエンス系の英語ならサイエンティフィックアメリカンを定期購読しています。しかし難しいのでなかなか読めないです。(T . T)

    1. さんの発言:

      ITストラテジスト試験、見てみます!サイエンティフィックアメリカンという雑誌もあるんですね。わたしは今はスティーブ・ジョブズを洋書で読んでます。わからない単語も出てきますが、だいたいの流れはわかるところまで、自分の英語力がついてきたのがわかるので、英語を勉強してよかったなーと感じてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です